【保育園・幼稚園】動画配信サービスの利用で実現する新たな保育!

2020.08.25 | 給料・環境
ICT教育が推進され、幼児教育現場でもICTシステム導入が進んでいます。幼児教育の現場においては教育という観点だけでなく、保護者へのサービス充実、保育士の負担軽減という点においてもメリットが大きく、期待が高まっています。
最近、ICTシステムの中でも特に「動画配信サービス」が注目を集めています。本コラムでは、動画配信サービスが注目されている理由から、どのように活用されているのかまでご紹介していきます。

どのように保育園・幼稚園で動画配信サービスが活用されている?

具体的に、どのような形で動画配信サービスは保育園や幼稚園で導入されているのでしょうか。


■緊急時にオンライン保育として活用

新型コロナウイルス感染拡大の影響から、緊急事態宣言が解除されても休園や時差登園が続く保育園や幼稚園も多くあります。そのため、自宅待機を余儀なくされている子どもたちに、健やかな生活を家庭で送れるよう、オンライン保育を実施する保育園・幼稚園も増えています。

オンライン保育に一役買うのが、動画配信サービスです。近年、多くの保育園や幼稚園で、ICTシステムが導入されています。ICTシステムを用いることで日常的に発生する事務作業などを効率化するだけでなく、保育士と保護者間の連携を深めることもできます。そのひとつが、オンライン保育にも活用可能な、動画配信機能です。


・ICTシステム導入で手軽にオンライン保育を実現

オンライン保育では、絵本の読み聞かせや手遊びなどの動画配信が一般的とされています。

保育園・幼稚園に登園しなくても、保育士と子ども達のコミュニケーションの場となり、一緒に楽しむことができます。

また、今回の新型コロナウイルス感染症に関わる休園だけでなく、今後も流行病や荒天などの影響で登園できない状況が起こったときに、動画配信サービスは有効活用することも可能です。精神的にも不安定になりやすい状況下において、保育園・幼稚園の先生が読み聞かせや、手遊び動画を配信してくれるということは、子どもたちにとって大きな心の支えとなるでしょう。


■毎日の園の様子を配信

この他にも、動画・画像共有機能では、保育園や幼稚園で子どもたちがさまざまな取り組みを行う姿を保護者と共有するのに役立ちます。

子どもの成長を見逃すことなく、見守っていたいと思う保護者にとって、園でのびのびと子どもたちが過ごし、また体操や合唱、英語などに挑戦する姿を動画で見ることができるのは、大変魅力的なポイントとなります。

今後は、動画配信サービスを含むICTシステムが、園のアピールポイントになることも考えられるでしょう。保育士の先生方も連絡帳などで細やかに保護者に伝えるようにしていると思いますが、やはり動画で見るということは、よりリアルに子どもたちの成長を感じてもらえることになるのです。

また、遠方に住んでいたり、身体が悪く行事に参加できない祖父母や、急な仕事が入ってどうしても行事に参加できなくなったお父さんにも動画を共有すれば、子どもが頑張る姿を見てもらうことが可能です。動画・画像配信サービスは、家族みんなで子どもの成長を見守ることができる、うれしいコンテンツとなります。


■求人のアピールポイントとして活用

動画配信サービスを含むICTシステムの導入は、求人のアピールポイントにもなります。

やはり、最新の技術を取り入れている園は、保育学生や転職先を探している保育士にとって、魅力的に映ることでしょう。

そのため、動画配信サービスを導入する場合は、求人で積極的にアピールしていくことがおすすめです。

保育園・幼稚園が動画配信サービスを選ぶときのポイント

動画配信や、写真の共有が保護者に喜ばれるサービスであることは、間違いありません。

では、実際に保育園や幼稚園が動画配信サービスを選ぶ際には、どのようなポイントを確認しておくべきなのでしょうか。

 

■配信可能な動画数を確認

システムによって、1ヶ月に配信できる動画数や容量に上限が設けられているものもあります。「とにかくたくさん動画を配信して、保護者に子どもたちの様子を見てもらいたい」と考えている場合は、配信数や容量の上限を確認しておきましょう。


■動画がダウンロードできるか確認

保育園や幼稚園に預けている間に、子どもたちは目ざましく成長します。その瞬間を収めた動画を、ダウンロードして保存したいと考える保護者は多いため、動画をダウンロードできるかは確認しておくべきポイントといえるでしょう。

サービスによっては、基本サービス内でダウンロードできるものや、オプションとして課金すればダウンロード可能となるものなどがあります。

保護者の満足度をアップさせるために、保護者にヒアリングしながら、サービスを選定するのもいいでしょう。


■操作がシンプルか確認

サービスを選ぶときには、操作性についても検討する必要があります。いくら機能が充実していても、操作が複雑で難しく、使いこなせるまでに時間がかかるようなことがあっては、もったいないものです。

保育士自身も、保護者も使いやすいものを選ぶことも重要なポイントといえるでしょう。

<PR>保育園・幼稚園向け動画配信サービス「VeryNote(ベリーノート)」

最後に、保育園・幼稚園向け動画配信サービスでおすすめのサービス「VeryNote(ベリーノート)」をご紹介します。


■VeryNoteの特徴

VeryNoteは動画配信機能だけではなく、さまざまな機能を搭載しています。さらに通信費以外、初期費用や月々の利用料はかかりません。

まずは、VeryNoteの動画配信機能を詳しくみてみましょう。

動画配信機能

VeryNoteの動画・画像配信機能を使用することで、子どもたちの園での毎日を保護者に簡単に配信することが可能です。

保育参観は年に数回と限られていますし、何より保護者が入るため、子ども達の様子は普段とは違ってきます。ですが、動画なら緊張したり、かしこまったりすることなく、のびのびとした普段の子どもたちの姿を収めることができます。

また、「せっかくの動画や画像を保存したい」というニーズに応えた、プレミアム会員制度もあります。保護者の方が月額300円のプレミアム会員に登録すると、動画のダウンロードができるようになります。保護者負担ではありますが、子どもの成長を記録として残したいと考える保護者にとって、大変喜ばれるサービスです。もちろん、動画を見ることができるだけで充分満足という場合には、会員になる必要はありません。そのあたりを保護者自身で選択できることも、うれしいポイントでしょう。


また、VeryNoteは、緊急時のオンライン保育で絵本の読み聞かせや手遊びの動画配信を行う際に、活用することができます。まだまだコロナ終息の兆しが見えないこともあるため、無料で簡単に利用できるVeryNoteを活用して、動画配信をご検討ください!

>>VeryNoteの資料請求・お問い合わせはこちら


■VeryNoteで動画配信以外でできること

VeryNoteでは、動画配信以外にもさまざまな機能を搭載しています。

お知らせ配信

保育園・幼稚園からの緊急連絡を、プッシュ通知を利用することで確実に保護者に届ける「お知らせ配信機能」が搭載されています。お知らせ配信機能には、既読確認機能もついているため、園が配信したお知らせを、保護者が確認しているかどうかをチェックすることも可能です。

保護者が職場や出先にいて、すぐに電話に出られない状況にあっても、保育園や幼稚園からの連絡をプッシュ通知で確実に届けることができるお知らせ配信機能は、保護者にとっても、園にとっても便利な機能といえるでしょう。

VeryNoteで配信できるお知らせは、以下の通りです。


・個別配信

保育園や幼稚園で子どもが、急な発熱やケガに見舞われることがあります。そんなとき、電話で連絡がつかなかった場合でも、VeryNoteを利用すればプッシュ機能で確実に、保護者に連絡をすることが可能です。その場で電話に出られなかったとしても、保護者が確認できるタイミングで通知を受け取ることができるため、園にとっても、保護者にとっても便利な機能となっています。

 

・緊急連絡

万が一の災害発生時には安否確認や、避難先などの共有ができるのが、緊急連絡です。こちらもプッシュ通知機能を使用して、保護者に通知します。「いざ」というとき、保護者との連絡手段に大変役立つ配信機能であるため、緊急時に備えて導入しておくと安心でしょう。


・一斉連絡

一斉配信では、すべての保護者に向けて、一斉に情報を伝達することができます。速やかに、確実に伝達したい事項には、一斉配信が便利です。クラスごとの配信にも対応していまるため、利用目的に応じて活用することができます。

予定表管理

VeryNoteには、保育園や幼稚園の行事やイベントなどのスケジュールを、保護者がスマートフォンなどから確認できる予定表管理機能があります。見た目はカレンダーのようなフォーマットとなっているため、一目でスケジュールを確認することが可能です。「日・月・年」ごとに各種予定を、保護者と共有することができます。

予定が近づいたらお知らせが届くリマインダー機能も搭載しているため、保護者が「うっかり忘れていた」ということを防止できます。基本的にイベント開催日の1週間前と1日前に保護者へお知らせとして通知する設定となっており、行事やイベントなどのスケジュール管理だけでなく、「○月○日 持ち物 タオル」などと登録すれば、忘れ物防止にも役立てることができます。

VeryNoteを利用している園の声

続いて、Very Noteを実際に導入し、活用してただいている園からの声をご紹介します。


・多機能なのに無料で助かっています!

VeryNoteには、お知らせ配信機能や動画・画像投稿機能、スケジュール管理機能など、あったらいいなと思っていた機能が充実していて、とても便利に活用させていただいています。

特に、動画・画像投稿機能は保護者の方にもとても喜ばれています。「子どもの英語の上達を動画で初めて見ることができて、驚きました!」など、ご家庭とはまた違うお子さんの顔を保護者の方に見ていただくことができるのは、これまでにはないうれしいシステムだと思います。

 お知らせ機能では、これまではお手紙という形で配布していた連絡事項を保護者の方に一斉配信しています。お知らせ機能は、配布後も確認することができるため、保護者の方にとっても大変便利だと感じていただいているようです。

そして何より、災害などの非常時にもお知らせ配信を利用することで、保護者の方に一斉配信できるというのは、大きな安心につながります。その上、無料ですべての機能が利用できるので、園としても大変助かっています。

まとめ

新型コロナウイルスが未だに猛威を振るう中、今後も保育園や幼稚園がこれまでのような園生活を再開できる見通しは立っていない状況です。

そのような状況下の中でも、動画配信サービスを活用して、コミュニケーションの場を設ければ、これまでの園生活と近い形で保育士と子ども達が楽しむことができます。

また、コロナウイルスが終息したあと、園でのびのびと楽しむ様子を、動画を通して保護者に伝えたりとさまざまな使い方ができる動画配信サービスは、絶対に導入していたほうがいいICTシステムといっても過言ではないでしょう。

VeryNoteは無料で簡単に導入できるシステムです。とりあえずお試しで動画配信サービスを導入したいと考えているなら、これをきっかけに導入してみませんか?コロナ禍という時代背景をプラスに転じさせるような試みとして、新しい保育形を取り入れてみましょう!

>>VeryNoteの資料請求・お問い合わせはこちら
この記事を書いた人
えんみっけ!事務局長 Y.T
「えんみっけ!」の開発・運営の責任者(園児の子どもを持つパパ)です。
保育に関わる方たちとの交流を通じて、役に立つ情報を発信していきます。