【保育実習日誌の書き方】ポイントや例文までご紹介!

2020.12.04 | 資格・試験
保育実習では、毎日実習後に日誌を記入し、翌日担当者に提出する必要があります。
「保育実習が初めて」という場合は特に、実習日誌の書き方に悩む方も多いのではないでしょうか。また、書くのが苦手という方にとっては、実習日誌は大きなプレッシャーとなることもあるようです。
ですが、この実習日誌は就職活動や、今後保育士として働いていくうえで貴重な資料になります。就職活動時にも、実習日誌に残っている具体的なエピソードを自己PRや志望動機に活かすことも可能であるため、ぜひ前向きに取り組みましょう。
今回は、実習日誌の基本的な書き方や、実習日誌の構成、押さえておくべきポイントなどについて紹介します。

保育実習日誌とは?

保育実習日誌とは、その日一日の子どもたちの様子や、保護者や他の保育士との関わりについて、自分が思ったこと、反省点などをまとめる記録です。

日誌を書く作業を通して、自分の一日を振り返ることにもつながり、実習担当の先生から具体的なアドバイスを受けられる機会にもなります。


<書き方の前に…>保育実習日誌の構成

実習日誌のフォーマットは、学校により異なります。園によっては、園で用意したフォーマットを使用するように指示されることもあるので、実習先の園の指導に従って作成するようにしてください。

フォーマットはさまざまとなりますが、保育実習日誌を書く際に押さえておくべきポイントや、構成内容としては以下のようなものとなっていることが多いので、まずは基本的な構成内容を理解しておきましょう。


■実習園の概要

多くの保育実習日誌では、まず最初に実習園の入園案内やホームページを参照し、その特徴や施設概要、沿革などを記入する箇所が設定されています。園の概要をまとめることで、実習先の園はどのような理念を持って保育をしているか、理解を深めることができます。

園のホームページは、分かりやすくその園の特徴を読み解くことができるので、実習前には必ず一読しておくようにしましょう。

園への理解を深めておくことは、実習中や実習日誌作成時にも、大変役立ちますよ。


■保育実習の予定

次に、保育実習期間中の計画予定と目標を設定し、記入します。

実習計画に関しては、自分が実習を行うクラスについてや指導予定内容だけでなく、実習担当の先生の予定や園全体の予定も記入しておきましょう。


■実習記録と指導案

保育実習中に、学生は実習記録と指導案作成を行います。 実習記録は一日の出来事を帰宅後、毎日記入するもので、翌朝、実習担当の先生に提出し、確認してもらう流れが一般的です。

とはいえ「一日の記録を書けばいい」という理解で取り組むのは、とてももったいないことであるということを、ぜひ知っておいてください。

実習記録は、単にその日の流れを報告することだけを目的とはしていません。本来の目的は、記録作成を通して、子どもと自分との関わりを振り返ることにあると考えましょう。

ねらいは、実習を通して考えたこと、学んだこと、そしてそれに対する気づきや対応策までを考え、記録として残すことにあります。


続いて、指導案とはどのようなものなのか、見ていきましょう。

指導案は、子どもたちにどういった指導を施すか計画し、まとめたものです。

自分が担当するクラスの子どもの発達状況と、その年齢のねらいとを照らし合わせながら、作成しましょう。

指導案においては、子どもたちにどのような発達を促したいかという「ねらい」を明確化し、そのために必要となる指導や活動内容、そして活動に必要な環境や道具など、細かく記載したものになります。

小さな子どもを相手とした指導案作成は大変難しいのですが、想定できるアクシデントやハプニングに対する対応策まで考えたうえで作成することが、当日落ち着いて保育を実施するために大切なポイントとなるでしょう。


■実習後のまとめ

保育実習全期間終了後に記入するのが、実習後のまとめになります。

保育実習を通して学んだことについてまとめ、分析し、今後の保育に活かすことを目的としています。

その他にも、保育実習中に自分が課題として取り組んだことや印象に残ったこと、実習担当の先生の指導についても記録しておくと、今後役立つでしょう。

実習日誌は、実習園の担当者に確認してもらうものではありますが、格好つけるのではなく、自分の正直な気持ちや考え、疑問などを素直に書きとめておきましょう。ただし、文字は丁寧に書く、読みやすい文章を心がけるなど基本的な部分はおさえてくださいね。

保育実習日誌の書き方~基本編~

ここでは、保育実習日誌の基本的な書き方について、確認していきます。


■黒ボールペンで丁寧に記入

保育実習日誌は、黒ボールペンを使用して記入します。消せるボールペンの利用は避け、丁寧に、極力誤字脱字がないように書くことを心がけましょう。

万が一、書き損じた場合は、二重線を引いて訂正印が必要か、修正テープでもOKか、など実習園の指示に従って修正しましょう。

保育実習日誌は、実習担当の先生に読んでもらうものであることを意識し、小さすぎる字や雑な字での記入を避ける必要があります。

「読む人がいる」ことを意識し、適切なサイズの文字で、丁寧に記入するようにしましょう。「字が下手だから」と思う方もいるかもしれませんが、字が下手でも丁寧に書いてあれば、それで充分です。

実習中は多忙となり、つい乱筆・乱文になりがちですから、そのあたりを意識して取り組むようにしてください。


■語尾は統一する

語尾に統一感がないと、読みにくい印象となりがちです。

保育日誌を書く際には、語尾を「で・ある」調にするのか、「です・ます」調で統一するかを決めて、その一冊はその語尾で統一するようにしましょう。

うっかり日によって、トーンが変わってしまうということがないように、意識して取り組む姿勢が必要です。


■データは漏れなく記入する

実習日誌には、自分が担当するクラスの子どもの年齢や、担当した時間、季節や天気など、記入できるデータは全て網羅し、漏れがないように書き記しましょう。

忙しい中でも、時間や季節、天気などの情報は、文章を書くわけではなく記録するだけですから、簡単にできるはずです。

データとして記入しておくと「こんな天候の日は、こんな代替え案で乗り切ったんだ」など、後々役立つことが出てきますから、ぜひ実践してください。

保育実習日誌の書き方~ポイント編~

保育実習日誌は、実習の記録だけでなく、実習生にとって後々の保育士人生に役立つ資料となり得るものです。

そのためには、日誌を書く本人である学生の意識を高く持つ必要があります。

意識を高く持つというと、「なんだか大変そう」「そんなに頑張れない」という声が聞こえてきそうですが、実はそれほど難しいことではありません。

保育実習日誌をもう一歩踏み込んだ内容にするために持つべき意識や、おさえておきたいポイントを見ていきましょう。


■「気づき」をしっかり書く

保育実習は、保育の勉強をしてきた学生が実習を通して保育士として現場に立つ訓練をし、成長していくことを目的として行われます。

目的意識を持ち、保育実習に取り組むことで、日々たくさんの「気づき」が出てきますから、それを自分の言葉でまとめ、記録しておきましょう。

また、反省点や落ち込んだ気持ち、思い通りに指導ができず悔やまれる気持ちなども書きこんでおきましょう。

先ほども触れた通り、「実習担当の先生に見てもらうから」と思うと、つい格好つけてしまう気持ちも分かりますが、正直に今の気持ちを記しておくこと、それに対する実習担当の先生のアドバイスなどが詰まった実習日誌は、世界でただ一つの保育バイブルになります。

せっかく実習日誌を書くのですから、ありのままの自分の気持ち、悩みをぜひ記録しておきましょう。


保育は、小さな子どもを相手としていますから、思い通りにいかないことのほうが多い現場です。また、子どもの保護者も人間ですから、人間相手の仕事というのは、難しさもあるでしょう。

ですが、だからこそ面白く、奥深い面もあります。

自分に都合の悪いことや、指摘されたことも包み隠さずに書き、それに対して自分が考えたこと、反省したこと、改善すべきことまで記録として残してください。


■メモはしっかりととる

保育実習日誌のためにも、メモはしっかりととるようにしましょう。

保育士の仕事には、保護者との連絡ノートのやりとりなども含まれますから、一日のエピソードをまとめて保護者に伝える能力が必須です。

実習日誌で、時刻と出来事をメモする習慣をつけておきましょう。

たとえば、実習中に子どもと遊んでいる時、接している時に発見すること、感じたことなどはたくさんあるはずです。

でも、ふと感じたことというのは、その他の作業に追われているうちに忘れてしまうことも多くあります。

そのような時に、長々とメモをするのではなくても、出来事と時刻だけを端的にメモしておけば、その日の夜、実習日誌を書く時に役立つことも出てきます。

ただ、一つ注意したいのが、実習先の園の考え方です。

メモよりも子どもの対応を優先すべきというスタンスの園や、尖ったペンが事故につながるから、とメモをNGとしている場合もあります。

そのような場合、時刻と出来事を可能な限り記憶するようにしましょう。


■具体性を持たせる

実習日誌を書いていると、日々反省点が出てきますから、それに対して次はどのような行動をするのかを具体的に考え、記録しておきましょう。

失敗した場合、反省しておしまいにするのではなく、次の行動につなげるためにも、具体性を持たせることは非常に重要です。


この時「〇〇だった」と、事実だけを述べるのではなく、「〇〇だったから、××だと感じた」「〇〇だったから、今後の対応に活かしたい」というようにまとめておきましょう。

そうしておくことで、次の実習や現場で、経験を活かすことができます。

自分の言葉で、失敗とその対策について具体的に書く作業を行うと、自分の意識の中にもしっかりと刻み込まれます。


■全体を考える

保育実習というと、子どもへの対応ばかりに気がとられがちですが、保育園全体や、保育士同士・保護者との関わりも大変重要です。

保育士の発言には「お友だちと仲良くおもちゃの貸し借りができるようになって欲しい」「お友だちと協力して、なにかを成し遂げる楽しさに気づいて欲しい」など、どんな場面であっても子どもたちに体験して身につけて欲しいというねらいがあります。

単純な声かけに聞こえても、そのような意図があることを意識して発言を聞くことは、大きな学びとなります。

とはいえ、学生の場合はまだ現場経験もなく、保育士の発言の本当の意図が分からないケースもあるでしょう。

そのような時には、自分の解釈がその保育士の発言意図と合っているか、解釈が正しくできているかを質問してみてください。質問をきっかけに、先輩保育士からのアドバイスや、指導方法についての助言を受けることができるかもしれません。

また、一人の子ども、一つのクラス、一つの学年と、あらゆる単位で園を見てしまいがちですが、園全体についても、大きな視点で見ることができるように心がけましょう。

園の教育方針や理念が、そこには息づいています。

全体として、子どもたちを導きたい方向が明確な園の場合、その方向性を正しく理解して、自分が行う指導にも活かしていくことが求められる、ということも理解しておきましょう。

まとめ

保育実習は、保育士として自分自身を成長させるチャンスです。

現場の保育士の子どもたちへの関わり方や、保護者とどのように信頼関係を構築しているかなども吸収し、実習日誌に記録しましょう。

実習日誌は、保育士として活躍するようになっても、何かに迷ったり、悩んだりした時に初心に返り、学びなおす際にも大きな助けとなります。

保育実習は、子どもたちがどのようなことで達成感を感じ、満足感を感じるかをリアルに感じることができる貴重な経験です。

保育を志す学生であれば、子どもが目の前でイキイキと活動する姿を見る経験は、「保育士としてこれから仕事をしていこう」と心を決める大きな後押しになるでしょう。

保育実習日誌は学生だからこそ手に入れることができ、二度と入手できない一冊となります。就職活動、転職活動や保育の仕事をするなかで迷った時、大きな助けとなってくれるかもしれません。

だからこそ、今回ご紹介した内容も参考に、「今後も活用できる保育実習日誌」を作成することを心がけてみてくださいね。

この記事を書いた人
えんみっけ!事務局長 Y.T
「えんみっけ!」の開発・運営の責任者(園児の子どもを持つパパ)です。
保育に関わる方たちとの交流を通じて、役に立つ情報を発信していきます。