【保育士面接でよく聞かれる質問とは?】ポイントや回答例をご紹介!

2021.06.09 | 就職・転職
書類審査が通過すると、いよいよ面接が始まりますね。
どんなことが質問されるのか、どんなところをチェックされているのか、心配な人も多いでしょう。
保育園にとっても、面接は新しく一緒に働く仲間を探す大切な機会です。
今回は、保育士の面接でよく聞かれる質問や回答例を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

保育士面接に挑む前の準備

面接は誰しも緊張するものですが、しっかりと準備していくことで不安を解消できます。

しっかりと、ポイントをおさえておきましょう。


■面接時のマナーを頭に入れる

「学生時代に、アルバイトの面接なら経験したことがある」という方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、学生のアルバイト面接と、就職面接では求められるマナーも違ってきます。

ここでは、保育士面接の前に押さえておきたい面接マナーについて確認しておきましょう。


■入室・退出時のマナー

まずは、面接の入室・退出の基本的なマナーをおさえておきましょう。

入室する際には、名前を呼ばれたらまずドアを3回ノックし、返事を受けてから「失礼します」と声をかけて入室しましょう。

ドアを閉めるときには、ドアの方を振り返って静かに閉めます。後ろの手で閉めるのはマナー違反となりますので、注意してください。

退出の際にはドアの横に立ち、面接官に向かって「失礼いたします」と一礼して、ドアを開け退出しましょう。

ドアを開閉するときには、大きな音をたてないように注意してくださいね。


■面接中のマナー

面接中のマナーとして押さえておきたいポイントには、次のようなものがあります。


・携帯の電源はオフに

面接を受けるときには、携帯の電源はオフにしておきます。

園に入る前から面接が始まっていると考え、敷地に入る前にはオフにしておくとよいでしょう。

控え室で慌ててオフにするのは、あまり印象がよくありません。


・面接官の顔を見て、ハキハキと話をする

緊張して声が小さくなってしまったり、うつむきがちになってしまったりしては、面接官に良い印象を与えることはできません。緊張しているからこそ、ゆっくりと、大きな声で話をするように心がけると、自分を落ち着かせることができます。

また、面接官の顔を見てアイコンタクトをとりながら面接を進めることも大切です。

面接官とコミュニケーションを取ることが目的であることを忘れずに、緊張しすぎず、しっかりと自分の言葉を伝えるように心がけましょう。

また、相手の言葉には大きくうなずくことも「私はきちんとあなたの言葉を聞いて、理解しています」という意思表示になりますので、積極的に取り入れていきましょう。

       

■服装・髪型のチェック

保育士面接は、どのような服装や髪型で受けるのが適しているのでしょうか。

保育士の面接だから、保育しやすい格好がいいのかも?と悩む人もいるかもしれませんが、園から指示がない限りスーツで行きましょう。


・服装

男性も女性も、スーツ着用が基本です。

男性の場合、インナーのワイシャツはボタンダウンなどのカジュアルなタイプではなく、シンプルな白いものを選んでください。

フレッシュな印象を与えられる濃紺のシングルが、就職活動にはおすすめです。

また、革靴もしっかりと磨いておきましょう。

女性の場合、スーツはスカートタイプ、パンツタイプどちらでも構いませんので、自分が落ち着けるほうを選んでください。

スーツのインナーは派手なフリルのあるブラウスなどは避け、シンプルで清潔感のあるものを選びます。

素足はNGですので、ストッキングを着用するようにしましょう。

面接時にはローヒールのパンプスが一般的となりますが、園庭がヒールで傷むことを嫌う園もありますから、心配な場合は事前に確認しておくと安心です。


・髪型

面接時の髪型は、男性の場合基本的に短髪で、耳に髪が掛からないようにしておきます。

女性も、短い場合は耳に髪をかけ、長い場合はひとつにまとめておくと、すっきりとした印象になります。

髪が顔にかかると表情が見えにくいため、暗く、不衛生な印象を与えがちなので注意しましょう。

大勢の子どもや保護者とも関わり合う仕事ですから、清潔感のあるスタイルを心掛けてください。


■園について下調べ

保育園は「この学生は、自分たちの園のどんなところに共感して、志望してくれたのか」ということに関心を持っています。

どのような園でも、園独自の取り組みやイベント、教育理念などがあるので、そのあたりはしっかりと調べておきましょう。面接時に、そのような園ならではの内容に触れることで、「この学生は、しっかりと下調べをして面接に挑んでいる」という真剣な姿勢をアピールすることができます。

事前に園見学をしている場合は、そのときに見た子どもたちの様子や、先輩保育士の様子なども織り交ぜながら話ができるように、あらかじめまとめておきましょう。

保育士面接でよく聞かれる質問とは?

保育士面接で、よく聞かれる質問というものがあります。

頻出の質問に関しては、あらかじめどのように回答するか考えをまとめておきましょう。


■志望理由

保育園は、「数ある保育園の中から、なぜうちの保育園に応募してくれたのか」ということを知りたいと考えています。

志望動機を通して、応募者がどの程度自分たちの園への志望度が高いのか、長く勤めたいと考えているか、そして園にどのように貢献してくれる人物かを見極めようとしていると考えましょう。

その意図を踏まえたうえで、質問に答えるようにすると、好印象につながります。


・回答例

志望理由を考えるときには、自分が理想とする保育と、園の方針が重なっている部分を探し、その点について述べるようにしましょう。

「ホームページを見て、魅力的だと感じる教育理念があった」
「園見学に行った際、先輩保育士の保育姿勢に感銘を受けた」

など、できるだけその園オリジナルの特徴や考え方、そして自分の目で見た印象などを交えると説得力が増します。

回答例としては、次のようなものが考えられます。              

「私は、貴園の『優しい心を育む』という教育理念に大変共感しております。先日参加させていただいた園見学では、走っていてぶつかってしまった子どもたちの対応を先生がされている場面があったのですが、どちらか一方が悪いというのではなく、子どもの目線でそれぞれの気持ちに寄り添い、丁寧に対応されている姿が印象的でした。そういった先生方の姿勢が、子どもたちの優しい心を育むのだと強く感銘を受け、貴園を志望いたしました」


■保育士を志した理由

保育士を志すようになった理由では、自分なりの経験を交えて根拠づけしながら、自分が保育士に適していると思う理由について具体的に述べるようにしましょう。


・回答例

「自分は、とても活発な子どもでしたが、保育園の先生がそんな私のことをいつも『いろんなことに挑戦できるのは、素晴らしいこと!』と褒めてくださいました。先生が見守ってくださる眼差しを感じながら、園庭で楽しく過ごした日々が私のベースとなり、自分の体力や身体能力に自信を持つきっかけになったと感じています。その経験があったからこそ、高校の関東大会の陸上競技では入賞することができました。私も子どもたちが安心して自分らしく過ごすお手伝いができる保育士を目指したいと考えています」


■自分の長所・短所

保育士の採用面接では「自分の長所と短所を教えてください」といった質問は、頻出となります。

しっかりと、準備しておきましょう。


・回答例

長所・短所については、どちらも最終的には保育士としての適性に結び付けられるように回答することが大切です。

長所については、保育士として仕事に役立つ特性であることをアピールするチャンスと捉え、積極的に伝えましょう。

短所についての質問は、その質問にきちんと答えられるかどうかで学生が自己分析をしっかりと行い、就職活動に真摯に取り組んでいるかを確かめる意図があります。短所について回答するときには、短所をそのままとせず、それを理解したうえでどう改善していくかを具体的に伝えることが大切です。

前向きな表現を心掛け、短所をポジティブな印象に変えて伝えるようにしましょう。


・長所について

「コミュニケーション能力が高いところが、私の長所です。学生時代にはバーガーショップの店員としてアルバイトをしていましたが、社員の方やアルバイト仲間との連携窓口や、年配の方から子どもまで、さまざまな年代のお客様からの相談窓口として役立てていたと自負しています」


・短所について

「私は心配性なところがありますが、その分慎重だと感じています。大学でも書類などを提出し忘れることはありませんでしたし、課題も締め切り前に余裕を持って出すことができていました。慎重さは、子どもたちの安全を守るうえで非常に役立つのではないかと思いますので、安心して子どもたちが過ごせる環境づくりに活かしたいと考えています」


保育士面接については、以下の記事でも詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

『保育士面接でベストな自己PRを行うには自己分析がポイント!』


■逆質問

保育士面接では「何か質問はありませんか?」と、最後に逆質問されることも多くあります。

無難に面接を終わらせたい気持ちを優先させて「特にありません」と回答すると、それがマイナス評価になってしまうこともあるので、注意しましょう。


・質問例

「何か質問はありませんか?」と聞かれたら、その質問に隠れている面接官の意図を考えましょう。

「自分たちの園に本当に就職したいと考えているのか」「積極的にコミュニケーションを図れるタイプか」といったことを確認しようと、面接官は質問をします。

学生が自分の言葉で自分の気持ちを表現できるかを確認したい、そしてミスマッチを防ぎたいというのが面接官の考えですので、逆質問されたら「特にありません」では済ませずに、本気度をアピールできるチャンスと考えて「就職までに、どのようなことを学んでおくべきか」など、前向きな質問をしましょう。


逆質問については、以下記事でも詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

『保育士面接の逆質問で「特にありません」はNG?気を付けたいポイントとは?』

その他に聞かれることの多い質問は?

■保育に関する知識

保育士の採用面接では、保育の現場での事故を防ぐために必要なことや、保護者が保育園に期待していることなど、保育に関する質問もされると想定しておきましょう。

あらかじめ、どのように回答するかをまとめておくと安心です。


■保育士のあるべき姿

保育士の面接では、「保育士はどうあるべきと考えていますか?」という質問も、よくされます。

保育士がどうあるべきか、というのは一人ひとりによって考えが異なります。正解がない質問ですから、自分が思う理想とする保育士の姿について話をすれば問題ありません。

ただ、志だけを語り、それで話を終わらせてしまうと、志が高いのはわかったけれど、具体的にどのようなことができるのかが伝わりません。

志を実現するために、自分はどのような保育を目指したいか、具体的に落とし込んで話ができるように準備しておきましょう。


■ 採用後の希望

就職活動中の学生の多くは「内定をもらうこと」が目標となってしまいがちです。

内定をもらいたいがために、勤務条件や待遇といった福利厚生について確認できないまま選考が進んでしまうケースも少なくありません。

待遇について質問するのは気が引けるという気持ちもわかりますが、長く勤めたいと真剣に考えるからこそ、待遇面の確認はとても重要です。

遠慮することなく、しっかりと確認するようにしましょう。

「なぜこの園なのか」を明確にすることで、本気度を伝えよう!

保育士は専門職ですから、面接で質問される内容もある程度イメージしやすいものとなります。

それはライバルとなる他の保育学生も同じで、しっかりと準備をしてきていますので、面接準備は怠らないようにしましょう。

そして、他の保育学生と差をつけるためにも、応募する園について詳しく研究し「なぜこの保育園で仕事をしたいのか」、自分の中で要となるものを見つけてください。

要点さえしっかりしていれば、自己PRも志望動機もグンとつくりやすくなりますよ。
この記事を書いた人
えんみっけ!事務局長 Y.T
「えんみっけ!」の開発・運営の責任者(園児の子どもを持つパパ)です。
保育に関わる方たちとの交流を通じて、役に立つ情報を発信していきます。